レンタルの自動車保険、一週間の相場を知ろう

友人の車を借りて一週間の旅行に出かけようとおもったら迷わず入るべきなのが自動車保険です。
レンタカーを借りる場合にはレンタカー会社で補償内容などチェックして手続きすることができますが、自分でも保険会社で必要な日数分の契約をすることができます。
どのような保険内容なのか確認してみたいとおもいます。

免許を持っていても自分の車を所持していなければ運転する機会はどんどん減っていきます。
たまに友人の車を運転するとか、旅行先でレンタカーを借りることもありますが、単発で運転するからといって保険に入らないのは大問題です。

1日であろうと7日であろうと必ず自動車を運転する場合には保険に加入してください。
実はあまり知られていないようですが「短期率」と呼ばれている保険制度があります。
10日間や1か月間など車やオートバイを運転するときに短期間だけの契約を交わすことができる保険なのです。
これならば、普段から車を運転していない人でも旅行で運転するのが分かっていれば事前に申し込んでおくことができるので安心です。
自動車保険に入っていないで運転することは自殺行為だともいわれていますし、補償することができなければ自分だけでなく相手に対しても失礼にあたります。

そこで登場したのが短期率なのですが、意外と割高になってしまうので本当に普段乗らない人向けなんだと納得してしまいます。
たとえば、通常の保険料に保険期間分に相当する短期率で計算します。
7日間であれば10%、1か月であれば25%というのが相場です。

この計算でいくと7日間保険を契約すると、その間の保険料はおよそ17000円になります。
通常の自動車の保険料と比べた場合にかなりの値段になってしまいます。
これが短期率のおすすめできない点なのですが、その期間以外は全く運転しないのであればこの金額でも妥当だと言えるでしょう。

無駄な保険料を支払うことこそ経済的におすすめすることができません。
ただし、1年に1回くらいしか自動車を運転する機会がないという人であれば短期間の契約を交わすことは仕方のないことだと思うしかありません。

自動車保険まるわかり辞典|安い自動車保険の失敗しない選び方はこちら