18歳でもお金を借りることは可能?

18歳でお金を借りることは難しいです。その理由は、18歳は未成年であるため、法律上契約をいつでも取り消すことができるためです。契約を取り消すのは未成年者本人でも可能ですし、親権者でも可能です。取り消された場合は、18歳の人もお金を変換しなくてはなりませんが、お金を返す範囲は、現に利益を得ている限度でよいとされています。つまり、生活費などに使用して、出費の節約があった場合や、使わずに手元に残っている場合は、その分の返還をしなくてはなりませんが、遊興費に使用した場合などは返還をする必要がなくなります。そうなれば、貸す側としては不利です。また、いつ取り消されるのかわからない状態に立たされるのは不安定であり、なるべく避けたいと考えます。そのため、18歳がお金を借りるのは難しく、消費者金融や銀行などは、申し込み条件を20歳以上としています。
しかし、まったく手段がないわけではありません。限られていはいますが、未成年でもお金を借りるところができるところがあります。それは、学生ローンです。学生ローンは、18歳以上の学生を対象としてお金を貸しています。そのため、学生であれば未成年であってもお金を借りることができます。その代わり、限度額は低く設定されています。その理由は、前述のとおりリスクがあるためです。大体は10万円を上限としているようです。また、総量規制に服するため、当然アルバイト等の収入がない場合は借りることができません。